ニャンとも清潔トイレ 脱臭 最大56%オフ まとめ買いでお得 抗菌チップ 4.4L×4袋 大きめの粒 送料無料

ニャンとも清潔トイレ 脱臭・抗菌チップ 大きめの粒 4.4L×4袋 ニャンとも清潔トイレ 脱臭・抗菌チップ 大きめの粒 4.4L×4袋【送料無料】

2200円 ニャンとも清潔トイレ 脱臭・抗菌チップ 大きめの粒 4.4L×4袋 ニャンとも清潔トイレ 脱臭・抗菌チップ 大きめの粒 4.4L×4袋【送料無料】 ペット・ペットグッズ 猫用品 トイレ用品 猫砂 ニャンとも清潔トイレ,4.4L×4袋,脱臭・抗菌チップ,2200円,脱臭・抗菌チップ,4.4L×4袋【送料無料】,ニャンとも清潔トイレ,reklama-prof.ru,大きめの粒,/hancockite31564.html,ペット・ペットグッズ , 猫用品 , トイレ用品 , 猫砂,大きめの粒 ニャンとも清潔トイレ 脱臭 最大56%オフ! 抗菌チップ 4.4L×4袋 大きめの粒 送料無料 ニャンとも清潔トイレ 脱臭 最大56%オフ! 抗菌チップ 4.4L×4袋 大きめの粒 送料無料 2200円 ニャンとも清潔トイレ 脱臭・抗菌チップ 大きめの粒 4.4L×4袋 ニャンとも清潔トイレ 脱臭・抗菌チップ 大きめの粒 4.4L×4袋【送料無料】 ペット・ペットグッズ 猫用品 トイレ用品 猫砂 ニャンとも清潔トイレ,4.4L×4袋,脱臭・抗菌チップ,2200円,脱臭・抗菌チップ,4.4L×4袋【送料無料】,ニャンとも清潔トイレ,reklama-prof.ru,大きめの粒,/hancockite31564.html,ペット・ペットグッズ , 猫用品 , トイレ用品 , 猫砂,大きめの粒

2200円

ニャンとも清潔トイレ 脱臭・抗菌チップ 大きめの粒 4.4L×4袋 ニャンとも清潔トイレ 脱臭・抗菌チップ 大きめの粒 4.4L×4袋【送料無料】





【商品説明】
特徴(特長)
猫システムトイレ用砂(木質タイプ)
燃えるごみとして処理できます
システムトイレ各社共通

ニャンとも快適システム
愛猫も私もうれしい!チップとシートで「ダブル脱臭&抗菌※2」
快適システム構造
○脱臭・抗菌チップ
・オシッコで固まらない天然素材のチップが、ウンチ・オシッコのニオイをしっかり閉じ込める
・スノコ面が広いので、端っこにしたオシッコも残りにくい
○脱臭・抗菌シート※3
・1週間分のオシッコのニオイを、シートがパワフルに吸収するから、1週間取り替えなしでもニオわない!※1

ニャンとも清潔トイレは、専用の「トイレ本体」、「脱臭・抗菌チップ」、「脱臭・抗菌シート※3」の3つをセットで使います。
※1 ●チップ、シートによる不快な尿臭の脱臭効果(愛猫1頭に使用する場合)●ウンチをしたときは早く取り除いてください
※2 すべての菌を抑制するわけではありません
※3 吸収体には、ニャンとも清潔トイレ専用の「脱臭・抗菌マット」もお使いいただけます

猫ちゃん想い設計
●主原料は天然素材の針葉樹
針葉樹には、ニオイや菌の発生を抑える成分*が含まれています。
針葉樹の効果でパワフルに脱臭&しっかり抗菌※2。猫ちゃんが触れるチップだから、人工香料、抗菌剤は使用していません。
*フィトンチッド(総称)
●足もとサラサラでいつも清潔
オシッコで固まらず表面サラサラなので、猫ちゃんの足もとはいつも清潔。
毎日のトイレのお掃除はウンチを取り除くだけです。
●大き目の粒で飛び散らない
猫ちゃんの手足に挟まりにくい、飛び散らない大きめの粒です。
砂かきしてもトイレの外に出にくくお掃除ラクラク。
●取り替え時に粉が舞い散らない

【用法・用量】
用法・用量/使用方法
<用途>
猫システムトイレ用砂(木質タイプ)

<使用方法>
スノコに1袋分(2.5L)のチップを敷きつめてください。
○交換方法 引き出し付きタイプの場合
1.ウンチおよび汚れたチップを、スコップやティッシュ等で取り除いてください(ウンチはなるべく早く取り除いてください)。
2.チップが減った分だけ、別売りの脱臭・抗菌チップを補充してください(2~3cmの深さが目安です)。
〔POINT〕
*チップが全体的に汚れてきたり、シート、マットの交換後もニオイが気になる場合は、全てのチップを新しく交換してください。夏場は早めの交換をおすすめします。
*トイレの洗浄は、2ヶ月に1回を目安に(愛猫1頭の場合)行ってください。洗浄後は、トイレをよく乾かしてから新しいチップを入れてください。

【成分・分量】
表示成分
<素材>
木材、はっ水剤、脱臭剤

【お問い合わせ先】
表示用企業名
花王株式会社

販売元企業名
花王グループカスタマーマーケティング株式会社

【商品情報】
規格
4.4L×4袋

法定製品カテゴリ名
該当なし

外装サイズ(mm)
(幅)388 ×(高さ)217 ×(奥行)266

ブランド名
ニャンとも

ニャンとも清潔トイレ 脱臭・抗菌チップ 大きめの粒 4.4L×4袋 ニャンとも清潔トイレ 脱臭・抗菌チップ 大きめの粒 4.4L×4袋【送料無料】

月別の記事表示
月 
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
             

お問い合わせをいただいた方へ

何年もお問い合わせ放置で申し訳ありませんでした。
現在少しずつ返信していますが、
もう数年経ったものもありますので、
不要な回答メールへの返信は不要です。

長らくの不在、ブログ放置を心よりお詫び申し上げます。

やっとこさ一部ブログ復帰...

皆様、長らくブログ放置で申し訳ございませんでした。
引き続き多忙な日々ではありますが、
少しずつ余裕も出てきたので、たまには投稿してみたいと思います。

お問い合わせいただいたメールも気づけば60通を超えていました。
これから少しずつ返信していきますが、
もう数年たっているものもあると思いますので、
回答が不要でしたら参考になるものは参考にしていただき、
そのままゴミ箱にポイで返信は不要です。

所用により以前の住居を引っ越すことになり、
今は山の上のマンションのベランダでユーカリを育てています。

育てていたユーカリは半分ほどに数を減らしましたが、
珍しいユーカリなどは現在です。

山の上なので冬場は氷点下は連日当たり前、
‐8℃とかになることもしばしばあります。

でもその中寒さで枯れたユーカリは一つもありません。
なので生育状態が良いユーカリは寒さ程度はあまり苦にならないということですね。
寧ろ怠惰で水遣り忘れで枯れることの方が多い...

まあかなりのんびりボチボチやっていきますので、
たまには覗いて見てください。

eucalyptus_k

# by eucalyptus_k | 2020-05-06 19:48 | その他
↑PageTop
Trackback(0) | Comments(11)

ユーカリ・ブラックテールはユーカリじゃない!?

最近巷で良く販売されている
販売名「ユーカリ・ブラックテール」という品種があります。



冬場に葉が黒葉になるということで、
学名:Eucalyptus ●● 'BLACK TAIL'といったように
まるでユーカリの変わった園芸品種のように紹介されています。

また黒葉ユーカリという名前で紹介されることもあります。


結論としまして、

このユーカリ・ブラックテール
ユーカリではありません。



現在、学術的にユーカリとして認められているものは、
Tribe(族・連)Eucalypteaeに属するものになります。

厳密にはEucalypteaeには7属あるのですが、
大きく見ると下記の3属がユーカリということになります。

■ Eucalyptus(ユーカリ属)...多くのユーカリ
■ Corymbia(コリンビア属)...レモンユーカリなど
■ Angophora(アンゴフォラ属)...AZ北部のユーカリ


ユーカリ・ブラックテールと呼ばれる種は
厳密にはAgonis(アゴニス属)に属する植物になります。

Agonisはユーカリと同じフトモモ科に属しますが、
Tribe(族・連)Leptospermeaeに属しています。

Agonisは日本の植物名で言うと
クンゼアギョリュウバイと同族の植物になります。

この辺りを全てユーカリとしてしまうと、
ブラシノキメラレウカグアバもユーカリということになりますので、
やはりブラックテールはユーカリではないということになります。


このように市場の販売名は非常にいい加減です



再度申し上げますが


ブラックテールはユーカリではありません。
でもユーカリに近い種類ではあります。


私はAgonisについて詳しくはありませんが、
一応、現地のタネ情報を調べておきました。

もしブラックテールをお育てになりたい方は、
Agonis flexuosaをお探しください。

特に葉が黒くなるAfterdarkなる園芸品種もあるようです

# by eucalyptus_k | 2017-04-12 03:43 | ユーカリ(品種知識)
↑PageTop
Trackback(0) | Comments(2)

今年も咲いた!ユーカリ・ウッドワーディー(woodwardii)

先年からたくさんの蕾を付けていたwoodwardiiですが
こちらも開花しているのを発見しました。





少し発見するのが遅れてしまい
満開の盛りを過ぎてしまっていますが、
先端にもう少し蕾の束が残っているので、
もう一回くらい綺麗な写真が撮れるかもしれません。



woodwardiiはここのところ、
たくさん蕾を付けてくれるのですが、
何度も書かせていただいた通り、
このユーカリはとても脆いところがあります。

少しでも手が当たったり、引っ掻けたりすると、
結構簡単に葉や蕾がポロッと取れてしまいます。

花季は大体ミモザアカシアと同じ今時分ですが、
蕾自体はかなり早く、先年の初夏くらいから付き出すので、
冬の突風や春の強風に気を使います。

なかなかデリケートなユーカリですが、
香りも良く、花も葉も美しいので、
個人的にはオススメなユーカリです

# by eucalyptus_k | 2017-03-17 01:33 | ユーカリ(花と蕾)
↑PageTop
Trackback(0) | Comments(0)

ユーカリ・フォレスティアナ(forrestiana)の蕾

我が家では初めてのforrestianaの蕾が
赤みを帯びてきて、そろそろ開花間近となっています。





蕾自体は昨年の初夏くらいからでき始めていたのですが、
やっと大きくなってきて、開花に向かってきています。

花材にもなる面白い花が咲くということで
今から非常に楽しみです。

このforrestianaは元々病気がちで、
枯れてしまいそうになったこともありましたが、
日照や風通しの良い場所に移してから
調子を戻して蕾を付けてくれました。

我が家には2株のforrestianaがありますが、
この蕾を付けた株はまだ5号スリット鉢に植わった
わずか60cm程度の樹高のものなので、
forrestiana低樹高で開花の見込める品種と言えます。

そこまで成長力が旺盛な品種でもなく、
横にたくさん脇芽を出す性質が強いです。

葉は少し地味で分厚くあまり特徴的とは言えませんが、
なかなかに精油も豊富で良い香りを強く放ちます。



たった二つの貴重な蕾ですが、
うまく開花に至った暁には
こちらでまたご紹介したいと思います。

他には毎年開花を続けてくれている
gilliiの蕾も開花間近となっています。



ユーカリ栽培には少し暇で寂しい冬を越えて、
これから少しずつ楽しく賑やかな季節へと突入していきます。

# by eucalyptus_k | 2017-03-07 18:53 | ユーカリ(花と蕾)
↑PageTop
Trackback(0) | Comments(4)

真冬でも健気に咲くトルクァータ(torquata)

やっと写真を撮ることができました。
ブログの更新が滞っており申し訳ありません。

真冬にtorquataの花が咲いていてびっくりしました。
今年の冬はところどころに暖かい日があったからでしょうか?





冬は少し寂しくなる我が家のベランダに
一際目立つピンク色の花でした。


ご挨拶が遅くなってしまいましたが、

あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします!

# by eucalyptus_k | 2017-01-12 04:33 | ユーカリ(花と蕾)
↑PageTop
Trackback(0) | Comments(4)
ブログ内記事検索
カテゴリ
ランダム掲載画像
おすすめユーカリ販売先

珍しいユーカリの宝庫です♪